『ITイットTHE ENDそれが見えたら終わり』あらすじネタバレと結末の感想!

©2019 Warner Bros. Entertainment Inc. A All Rights Reserved.

スポンサーリンク

2017年に公開されたヒット作『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の続編、『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』のストーリーを結末までご紹介しています。

原作者のスティーブン・キングが骨董店の主としてカメオ出演していることが早くも話題になっていますが、本作の出来栄えがキングのお墨付きであることの証なのでしょう。

IT CHAPTER TWO – Final Trailer [HD]

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』作品情報

©2019 Warner Bros. Entertainment Inc. A All Rights Reserved.

【原題】

It:Chapter Two

【製作年・国】

2019年・アメリカ

【監督】

アンディ・ムスキエティ

【キャスト】

ビル・スカルスガルド、ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャステイン、ビル・ヘイダー、ジェイ・ライアン、ジェームズ・ランソン、イザイア・ムスタファ、アンディ・ビーン、ジェイデン・リーバハー、ソフィア・リリス、ジェレミー・レイ・テイラー、フィン・ウルフハード、チョーズン・ジェイコブス、ジャック・ディラン・グレイザー、ワイアット・オレフ

【本編尺】

169分

【作品概要】

前作『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』では、ビルを中心に結成された“ルーザーズクラブ”の仲間たちがペニーワイズの棲み家を突き止め、辛くも撃退するまでが描かれました。

映画『ITイット それが見えたら終わり』あらすじネタバレ!ラスト結末や感想も
2017年秋公開のワーナー ・ブラザース映画配給『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』について、結末までのストーリーをご紹介するとともに、不可解なシーンや設定の謎を解きつつ、感想や評価をお伝えしています。原作者のスティーブン・キングも絶賛したとされる本作ですが、その出来栄えやいかに・・・?

今作はその完結編ともなる続編であり、前作から27年後に大人になった彼らが再結集して、再び災いを引き起こし始めたペニーワイズからの挑戦を受けて立つストーリーです。

監督は前作に引き続きアンディ・ムスキエティが務め、ペニーワイズ役にもビル・スカルスガルドが続投して相変わらずの怪演を見せてくれます。

気になる大人になったルーザーズクラブのメンバーにはジェームズ・マカヴォイら、その演技力と前作の子役らに似ていることなどの厳しい条件をクリアした面々がキャスティングされており、製作にあたっての細かいこだわりが随所に感じられます。

ゲイリー・ドーベルマンが担当した脚本は200ページにも達し、完成した映像は当初4時間余りもあったと言います。それを編集した公開版ではありますが、それでも正味2時間50分近い大長編となりました。興行重視の昨今のハリウッドにあって、ホラー映画がこれだけの尺になるのは異例のことだと思います。

スポンサーリンク

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』のストーリー!ネタバレ注意

©2019 Warner Bros. Entertainment Inc. A All Rights Reserved.

前回、27年周期で災いを引き起こす“IT(それ)”の化身ペニーワイズを撃退した「ルーザーズクラブ」のメンバーは、再びITが現れた場合には再結集して戦うことを誓って別れました。

そして彼らが大人になった27年後、舞台は再びメイン州デリー。

同性愛者のカップルが不良に襲われ、1人が川に放り込まれます。そこに手を差し伸べたのはピエロで、心配して見つめるもう1人の前で心臓に喰らいつくと、姿を消してしまいます。

ルーザーズクラブの中で唯一デリーに残って図書館司書として働いていたマイク(イザイア・ムスタファ)は、警察無線で事件のことを知ると、メンバーらに連絡して再結集を呼び掛けます。

 

リーダー格のビル(ジェームズ・マカヴォイ)は、ミステリー小説家となり、女優の妻と暮らしていました。

紅一点のベバリー(ジェシカ・チャステイン)は、裕福ながらDV傾向のある夫にうんざりする生活です。

転校生でベバリーに想いを寄せていた太めのベン(ジェイ・ライアン)は、建築家として大成した上にすっかり逞しく成長していました。

メガネが特徴的だったリッチー(ビル・ヘイダー)は、スタンドアップコメディアンとして活躍。

過保護な母親に振り回されていたエディ(ジェームズ・ランソン)は、結婚してニューヨークで暮らしています。

ユダヤ教徒のラビの息子スタンリー(アンディ・ビーン)は、会社に勤めながら妻と暮らしていました。

 

©2019 Warner Bros. Entertainment Inc. A All Rights Reserved.

マイクからの呼び掛けで久しぶりにデリーで再会したメンバーらでしたが、スタンリーだけ姿を見せません。

しかも、レストランでの食事中に早速ITの不気味な襲撃を受けます。応戦するメンバーたちでしたが、ウェイトレスの目には何も見えず、さっきまで仲良くしていた6人が大暴れしているようにしか映らないのでした。

そして、姿を見せないスタンリーを気にかけた彼らは自宅に電話を入れます。すると妻の話からスタンリーがペニーワイズへの恐怖によって自ら命を絶ったことを知らされます。

怯えながらも、ペニーワイズを倒すことを決意するメンバーたち。その頃、ペニーワイズは更に犠牲者を増やすばかりか、元不良でルーザーズクラブの面々を虐めていたヘンリー(ティーチ・グラント)を、父親殺害の後に収監されていた精神病院から脱走させてしまいます。

 

デリーに1人残って図書館司書をしながら、密かにペニーワイズの撃退方法を研究していたマイクは、先住民族が残したという壺をビルに見せながら説明します。

ペニーワイズは隕石とともに地球にやって来たこと、デッドライトという光の作用によって変身できること、儀式によって壺に封印することができること、そして儀式には供え物として、メンバーそれぞれが27年前の思い出の品を用意する必要があること・・・。

これを知ったメンバーたちは、自分の思い出の品を探しに出掛けます。

ベバリーは、当時父親から虐待を受けていたアパートへ向かいました。そこには父親の死後に入居した老婆が住んでいました。快く迎い入れられたベバリーは、隠し扉から思い出の手紙を取り出します。それは当時ビルからと思い込んでいたものの実はベンから送られたラブレターでした。

ところがその後、老婆に襲われるベバリー。そう、老婆の正体はペニーワイズだったのです。なんとか逃げ切ったベバリーでしたが、見るとアパートは廃墟になっていました。

ビルにとっての思い出の品は、弟のジョージーに作ってあげた折り紙のボートでした。ジョージーが姿を消した下水溝に行ったビルは、ペニーワイズの幻覚に襲われながらも折り紙のボートを手に入れました。

エディにとっての思い出の品は、喘息の症状を抑える吸入器でした。薬局からホテルに戻ったエディは、待ち伏せていたヘンリーに襲われますが、そこへ駆けつけたベンに助けられます。

図書館でメンバーを待っていたマイクもまたヘンリーに襲われましたが、危ういところでヘンリーを倒すことに成功します。

スポンサーリンク

※ 【ネタバレ注意!】これより先には、物語の結末が含まれています。映画本編でストーリー展開を楽しみたい方はご用心願います。

©2019 Warner Bros. Entertainment Inc. A All Rights Reserved.

かくして自分の思い出の品を手に入れたメンバーたちは、かつてペニーワイズと対峙したITの棲み家、ニーボルト通りにある黒い廃屋へやって来ました。

ペニーワイズによる幻覚に襲われながらも何とか切り抜けて地下へと進み、例の儀式を行います。壺の中に皆が持ち寄った思い出の品を入れ、呪文を唱えて燃やしました。

ところが、儀式を終えたにもかかわらずペニーワイズが姿を現し、皆をあざ笑います。実はマイクが会得したはずの封印方法は間違っており、先住民らも失敗してペニーワイズの犠牲になっていたのです。

ペニーワイズは巨大なクモの姿となってメンバーに襲い掛かります。逃げ惑う中、リッチーがデッドライトを浴びて意識を失い浮遊させられます。するとエディが金属棒を投げつけ、それがペニーワイズの喉へ刺さりました。

ITを倒したと思い込んだエディがリッチーの下へ駆け寄った時でした。逆にペニーワイズに背後から刺されてしまいます。

 

もう成すすべ無しと思われた時、皆は思い出します。ペニーワイズのエネルギーは人々が恐れる気持ちなのだということを。そして全員が気持ちを1つにして言い放ちました。

「お前なんか怖くない!」

「お前なんかただの滑稽なピエロじゃないか!」

怯むことなく馬鹿にするような罵声を浴びせるルーザーズクラブの仲間たち。やがてペニーワイズの身体は弱って縮んで行き、やがては自力で動けないくらいの大きさになりました。

シワシワの小さなペニーワイズから心臓をえぐり出すマイク。そしてメンバー全員でその心臓を握り潰すと、ペニーワイズの目が暗くなり、やがて消えて行くのでした。

瀕死で横たわるエディに駆け寄るメンバー。しかしエディは既に息絶えていました。悲しみに暮れる間もなく倒壊を始める廃屋。エディを残しては行けずに躊躇するリッチーをビルとベンが強引に引っ張って脱出しました。

地上に出た5人は、かつて27年前に血の誓いを立てた時の手のひらの傷跡が消えていることに気付きます。そしてふと目を向けた窓ガラスには、少年時代の姿の自分たちが映っていました。そこには亡くなったはずのスタンリーとエディも含めたルーザーズクラブの全員が揃っていたのでした。

 

後日、メンバーの下に、スタンリーが自ら命を絶つ前に書いた手紙が届きます。そこには、自分がペニーワイズに怯えながら生きて来たこと、もう戦うことはできないこと、そして27年後の今日、皆の足手まといとなる前にこの世を去ろうと決心したことなどが綴られていました。

ビルは元の小説家としての生活に戻って行きました。

ベバリーは27年前のラブレターの主であるベンと、これからの生活を共にしようと手を取り合いました。

リッチーは公園のベンチに生前のエディが刻んだ“E”の文字に“+R”と自分のイニシャルを刻みました。(リッチーは同性愛者でエディが大好きだったのです)。

マイクは、ペニーワイズを葬り去るという長年の目的を果たした今、デリーの町から旅立つ決意を固めました。その手には、27年前にルーザーズクラブのメンバー全員で撮った写真がありました。

スポンサーリンク

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』の感想と評価

©2019 Warner Bros. Entertainment Inc. A All Rights Reserved.

前作でルーザーズクラブの少年たちにまんまと撃退されたペニーワイズが、27年越しの復讐とばかりに襲い掛かる本作ですが、やはり最後に功を奏したのは、犠牲を払いながらも発揮された大人になったメンバーたちの勇気でした。

スティーブン・キングの原作小説の世界観を見事に可視化した裏には、先述のように監督のアンディ・ムスキエティと、特にその姉バーバラ・ムスキエティによるこだわりのキャスティングがあったようです。

『X-MEN: ダーク・フェニックス』の撮影中にオファーを受けたというベバリー役のジェシカ・チャステインは、『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』で第84回アカデミー賞助演女優賞にノミネート、『ゼロ・ダーク・サーティ』で第70回ゴールデングローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)を受賞し第85回アカデミー賞主演女優賞にもノミネートされたという実績の持ち主です。

ビルを演じたジェームズ・マカヴォイは、『スプリット』に見られる達者な演技と数々の受賞やノミネートで定評のある俳優です。

リッチーを演じたビル・ヘイダーは、ドラマ『バリー』で、2019年度エミー賞主演男優賞(コメディ部門)にノミネートされる逸材です。

そして何と言っても、前作についでペニーワイズを怪演したビル・スカルスガルドの存在は大きかったことでしょう。

前作では、役に入り込む様子を子役らに本気で怖がられたと言うスカルスガルド。更には、本編中でも印象的なペニーワイズの斜視も、CGではなくスカルスガルドの“技”による表情作りなのだそうです。

さて、企画から数々の紆余曲折を経て遂に完結するホラー大作『IT/イット』。怖いだけでなく様々な境遇に置かれた人々の成長をも描き切った本作は、キング原作の映画化の中でも秀逸と言って良いでしょう。

きっと誰にも覚えのある幼い頃の暗い経験(トラウマ)・・・。それがいかに将来に渡って影を落とすものであるか、そしてそれを克服するために必要なのは何なのか、そんなメッセージさえ感じられる作品なのでした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました