映画『ジョーカー』あらすじネタバレと結末!感想や難解シーン考察も

©2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

スポンサーリンク

2019年10月4日に日米同時公開された映画『ジョーカー』について、そのストーリーを結末までご紹介しながら、鑑賞した感想と考察についてお話ししています。

公開前から何かと話題になった本作については、賛否の違いも含めて多くの意見が寄せられるところですが、興味深い作品であることは間違いないようです。

映画『ジョーカー』本予告【HD】2019年10月4日(金)公開

映画『ジョーカー』作品情報

©2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

【原題】

Joker

【公開日】

2019年10月4日

【監督】

トッド・フィリップス

【キャスト】

ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ、ザジー・ビーツ、フランセス・コンロイ、ブレット・カレン、ビル・キャンプ、シェー・ウィガム、グレン・フレシュラー、リー・ギル、マーク・マロン、ダグラス・ホッジ、ダンテ・ペレイラ=オルソン

【本編尺】

122分

【作品概要】

アメリカのDCコミックス『バットマン』をご存知であれば誰もが知るスーパーヴィラン(最強の悪役)「ジョーカー」。

元々は心優しい青年がいかにして悪の代名詞とも呼ばれる存在に変異して行ったのか、その哀しくも恐ろしい過程を描いた本作は、公開前から様々な物議を醸しました。

第76回ヴェネツィア国際映画祭で最優秀作品賞にあたる金獅子賞を受賞し、単にアメリカンコミックの映画化だけには留まらない奥深い作品を、結末までのストーリーを追いながら検証して行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

映画『ジョーカー』のストーリー!ネタバレ注意

©2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

貧富の格差が広がりゆく都市・ゴッサム・シティ(架空の都市)では、多くの庶民が貧困にあえぎ、不満や閉塞感が蔓延し、自暴自棄になる者も多く、治安も著しく損なわれ、市政の機能も失われつつある状況でした。

そんな疲弊した街の安アパートに暮らすアーサー・フレック(ホアキン・フェニックス)は、ハハプロダクションに所属する道化師として働きながら細々と収入を得ていました。

この日も、とある楽器店の閉店セールのために派遣されたアーサーは、路上で看板を持って踊っています。ところがストリートギャングらに看板を取り上げられ、それを必死で追いかけたものの、逆に路地裏で暴行を受けてしまいます。看板は粉々に砕け倒れ込むアーサー・・・。これがゴッサム・シティの現実でした。

 

彼は、心臓と精神を患う母親ペニー(フランセス・コンロイ)と一緒にアパートで生活しています。彼女はかつて大富豪トーマス・ウェインの下で長年メイドとして仕えており、その縁を頼りに、困窮している現状から救い出して欲しい旨の手紙を何度も出していましたが、トーマスからの返事は一向に得られません。

一方のアーサー自身も問題を抱えていました。彼は幼い頃に脳と神経を損傷したことによって、緊張すると笑いが止まらなくなるという発作を起こしてしまうのです。

そんな日々の生活の中、アーサーはコメディアンになる夢を持っていて、それだけが心の支えになっていたのでした。

 

ところが、貧困層の市民の不満をよそに、街の財政は悪化して更に市民の生活を圧迫して行き、アーサーは定期的に受けていたソーシャルワーカーによるカウンセリングと、向精神薬の処方までもが打ち切られることになります。

そればかりか、先の楽器店の閉店セールの一件で、会社から仕事を放棄したと疑われた上に、看板の弁償まで求められます。

落ち込むアーサーに同僚のランドル(グレン・フレシュラー)は、「これで身を守れ」と拳銃を渡します。最初は断ったものの無理矢理に受け取らされるアーサー。ここから更に歯車が負の方向へ回り始めます。

 

小児科に派遣された道化師姿のアーサーは、入院している子供たちを前に陽気に踊っていました。ところが、脚を上げた拍子に、念のために携帯していた拳銃がポケットから落ちてしまいます。

小児科を追い出されたアーサーは、電話でプロダクションのオーナーと話しますが、その場でクビを宣告されてしまいました。

絶望の中、道化師姿のまま地下鉄に乗り込むアーサー。車両内には別に読書中の女性が1人いるだけです。そこへ酒に酔った様子の3人のスーツ姿の男たちが乗って来て、その女性に絡み始めました。

本を読みながら無視する女性でしたが、男たちは執拗に言葉を投げかけます。助けを求める視線をアーサーに送る女性。すると例の発作で笑い始めるアーサー。

大笑いするアーサーに腹を立てた男たちは、彼をシートから引きずり下ろして暴行を加えます。突然鳴り響く銃声とともに男の1人が倒れました。更にもう1人を撃ったアーサーは、駅に到着して開いたドアから逃げ出した最後の1人も追いかけて射殺してしまいます。

これまで味わったことのない高揚感に包まれたアーサーは、アパートの同じ階に住むシングルマザーのソフィー・デュモンド(ザジー・ビーツ)のもとを訪れると、強引に唇を奪うのでした。

 

翌朝、母親ペニーと一緒にテレビを観ていると、ニュース番組にトーマス・ウェインが登場し、地下鉄内で射殺された3人がウェインカンパニーのエリート社員であり、ピエロの姿をした犯人を罵りました。記者から、貧困層の一部の市民から犯人を支持する声が上がっていることを告げられたトーマスは、そんな状況を変えるために市長選に立候補したのだと語ります。

その後、アパートのエレベーターでソフィーに会ったアーサーは、自分が出演するスタンドアップコメディーショーに招待します。誘いを快諾するソフィー。

しかしステージ本番では緊張から笑いの発作が起きたり、披露したジョークがウケなかったりと苦戦します。それでも笑いながらジョークを発するアーサーの姿に観客は徐々につられていき、その様子をソフィーも笑みを浮かべて見つめていたのでした。

 

後日、ペニーはまたもやトーマス宛の手紙を書くと、アーサーはそれを投函するように頼まれます。彼はこれを好奇心から開封し、手紙を読み始めました。

そこには、アーサーがペニーとトーマスの間に生まれた子供であることを匂わす文面が書かれており、ペニーを問い詰めると、トーマスの下で働いていた当時に関係を持ったことを打ち明けられます。

家を飛び出したアーサーは、真相を確かめようとウェイン邸に出向きます。そこには執事のアルフレッド・ペニーワース(ダグラス・ホッジ)と、トーマスの息子ブルース・ウェイン(ダンテ・ペレイラ=オルソン)の姿がありました。

アルフレッドは母親のペニーを覚えている様子でしたが、「トーマスに会いたい」というアーサーを拒絶し、ブルースを連れて屋敷の中へ入ってしまいます。

 

落胆してアパートに戻ると、そこには救急車が停まっており、母ペニーが担架で運ばれるところでした。ペニーは地下鉄事件の事情聴取のために訪ねて来た警官の前で脳卒中を発症して倒れ、アーサーには疑いの目が向けられているようでした。ハハプロダクションにも聞き込みが入り、同僚のランドルはアーサーに拳銃を奪われたと証言していると言います。

その後、母が眠る病室で、憧れのコメディアンであるマレー・フランクリン(ロバート・デ・ニーロ)のテレビショーを観ているアーサー。そこではなんと、先日自分が出演したスタンドアップコメディーショーの様子が映し出されていました。

驚きとともに喜んだアーサーでしたが、その場面はマレーの笑いのネタに使われ、自分を嘲笑うかのような扱い方だったため、彼の表情は次第に悲しげに曇って行くのでした。

 

後日、ウェインカンパニーが開催するパーティー会場でのこと。ピエロのマスクを被ったデモ隊に紛れて入り込んだアーサーは、ついにトーマス・ウェインと会うことに成功します。

アーサーが自分はペニーの息子だと名乗ると、トーマスは自分は父親ではなく全てはペニーの妄想であること、そしてアーサーはペニーの養子であることを厳しい口調で告げます。それを信じられないアーサーはなおも食い下がりますが、トーマスはいい加減にしろとばかりにアーサーを殴りつけて立ち去るのでした。

トーマスの言ったことを確かめるべくアーカム州立病院を訪れたアーサーは、母ペニーの入院記録を閲覧し、自分が本当に養子であったこと、自分の障害が幼い頃にペニーの愛人から虐待を受けたことに原因があることを知り愕然とします。

今日まで信じていた愛情や絆が崩れ落ち、茫然自失のアーサー。彼は母の病室にやって来ると、その顔に枕を押し付けて窒息死させるのでした。

 

アパートに戻ったアーサーはソフィーの部屋を訪ねます。鍵のかかっていない部屋に入り込んだ彼に気づいたソフィーは怯えた様子で言います。「たしか、あなたはアーサーね?部屋を間違えてる」。アーサーはようやく理解します。これまでのソフィーとの関係は全てが自分自身の妄想だったのです。

今や全てを失ったアーサーの下に1本の電話が架かってきます。その相手はマレーのテレビショーを担当するスタッフで、番組への出演を依頼する内容でした。

 

スポンサーリンク

 

※ 【ネタバレ注意!】これより先には、物語の結末が含まれています。映画本編でストーリー展開を楽しみたい方はご用心願います。

 

©2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

憧れのマレー・フランクリンのテレビショーに出演することを快諾したアーサー。彼は放送中に拳銃によって自身の生涯を終える決意をしていました。

その頃、ゴッサム・シティでは富裕層に対する反発が更に高まり、例の地下鉄事件で3人のウェインカンパニー社員を葬った道化師が英雄に祭り上げられ、街はピエロの仮面を被った貧困層の人々によるデモで溢れていました。

若い頃の母ペニーの写真を見つめるアーサー。その裏には「T.W.」というイニシャルが書かれています。彼はその写真を忌々しげに握り潰します。

 

人生の最初で最後の晴れ舞台を前に、髪を緑色に染め上げ、道化師のメイクを施すアーサー。そこへハハプロダクションの元同僚ランドルと、小人症のゲイリー(リー・ギル)が訪ねて来ます。

ゲイリーは以前からアーサーのことを気遣ってくれる存在でした。それに対してランドルは、今や自分を売った裏切り者です。ランドルは地下鉄事件の犯人がアーサーであると決め付け、自分が渡した拳銃のことを誰かに話したりしていないかと問います。そんなランドルを手にしたハサミで刺し殺すアーサー。悲鳴を上げて逃げるゲイリーでしたが、ドアノブに手が届きません。するとアーサーは「君だけは、いつも優しくしてくれた」と言ってドアを開け、ゲイリーを逃してあげるのでした。

 

途中で警官から追われるハプニングをかい潜り、テレビ出演の楽屋に辿り着いたアーサー。その出で立ちに驚くプロデューサーとマレーに対して、彼は自分のことを「ジョーカーと紹介してくれないか?」と頼みます。

生放送の番組が始まり、いつものジョークを連発したマレーは、男女のゲスト、そしていよいよアーサーを招き入れました。拍手と歓声で迎えられたアーサーは、自分が地下鉄事件の犯人であることを告白しますが、マレーによって否定され口論となります。その中で彼の頭の中では溜まりに溜まった悲しみや憎しみが爆発し、ついに拳銃でマレーの頭を撃ち抜いてしまいます。そして、逃げ惑う観客らを見ても笑いをこらえられないアーサーは、マレーの遺体に更に一発の銃弾を浴びせたのでした。

アーサーが逮捕された頃、この番組の放送がゴッサム・シティの暴徒をより過激に拡大させていました。そんな混乱の中で、劇場を後にしたウェイン夫妻は幼いブルースの目の前で、ピエロ姿の男によって暗殺されてしまいます。

パトカーで連行されるアーサーは、今や火の海と化したゴッサム・シティの様子を目にして恍惚とした表情を浮かべます。そこへ突然、救急車が衝突して来ました。目覚めたアーサーの周囲にはピエロ姿の人々が集まり、彼を讃えて歓声を上げています。自分の血で口元に笑った顔のメイクを施すと、彼は歓声に合わせて踊り始めるのでした。

 

その後、アーカム州立病院に収容されたアーサーは、何もない小さな部屋の中で手錠を掛けられたまま、精神鑑定士による診断を受けていました。

すると突然笑い出すアーサー。何が可笑しいのか尋ねられた彼は、「面白いジョークを思いついたんだ。君には理解できないだろうけどね」と答えます。話すように促す鑑定士・・・。

やがて小躍りしながら部屋を出てくるアーサー。そして彼は血の足跡を残しながら去って行くのでした。

 

スポンサーリンク

映画『ジョーカー』の感想と考察

©2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

まず、見当違いかも知れませんが、過去にM・ナイト・シャマラン監督による映画『アンブレイカブル』で描かれたヒーローの誕生と宿敵の誕生を思い起こしました。

意外なアイデアに感心させられた作品でしたし、本作がまさかそれに感化されたわけではないでしょうけれど、カリスマ的な悪の誕生にフォーカスしていて、その経緯を描いている辺りに共通するものを感じました。

 

かつて故ヒース・レジャーがジョーカーを演じた『ダークナイト』から歪んだ触発を受けた人物が犯罪に走ったことを鑑みて厳戒態勢が敷かれたという本作の公開は話題にもなりました。

主人公のアーサーは自身の置かれた環境と世間の趨勢からダークサイドに身を落として行くわけですが、何とも恐ろしいのは、ともすれば彼に共感する気持ちを観る者に抱かせることでしょう。

しかも、ゴッサム・シティの貧困層が抱える不満や怒りの感情は、実際の現代社会が抱える問題点にも呼応することは否めないと感じます。

 

さて、本作が訴えるイデオロギーはともかく、純粋に物語を楽しむという観点から本作について考察してみたいと思います。

① バットマンという作品の背景を知らなければ理解できないのか?

物語自体を理解できないということはないと思います。でも、ゴッサム・シティという舞台、後にバットマンとして活動する幼いブルース・ウェインや執事のアルフレッド・ペニーワースの登場、過去にも描かれたウェイン夫妻の暗殺など、こうしたエピソードはバットマンを知っていることでより共感できるのは間違いないでしょう。

② アーサーの妄想シーンが描かれるが、現実との区別はどこにあるのか?

全てが夢オチと解釈する向きもあるようですが、それは違うと思います。ソフィーとの交流については間違いなく妄想だと考えるのが自然ですが、それ以外は現実だと解釈するべきと思います。ジョーカーという悪のカリスマは確実に誕生したのです。

③ アーサーの実の父親はトーマスなのか?

こればかりは観る者の解釈に委ねられるだろうところです。若い頃の母親ペニーの写真の裏のイニシャルには混乱させられますが、トーマスもペニーもいなくなった今となっては真相は闇の中です。執事のアルフレッドが何かしら知っている可能性は高いですが、それもまた語られることがあるとは思えません。

④ ラストシーンは続編への布石なのか?

これについては、本作で全てを描き切った印象があるし、少なくともホアキン・フェニックスが続編を演じる可能性は低いように思います。

トッド・フィリップス監督がこれまでのバットマン映画からは独立した作品だと言っていることから、新たなシリーズ化の企画が持ち上がるのでは?との見解もあるようですが、個人的にはちょっと考えにくいように感じるし、むしろ無い方が良いとさえ思いますね。

 

アメリカンコミックでは、往々にして悪役には悪役なりの切ない過去が描かれています。悪に走ったことにはそれ相応の理由があるんですね。

決してそんな経緯を肯定したり感化されることは許されないと思いますが、一人間のドラマとして考えると実に奥深い説得力があるわけで、それが映画製作へのインスピレーションを働かせているという側面はあるのでしょう。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました