映画『カツベン!』ストーリーあらすじ!周防監督渾身作の見どころをチェック!

©2019「カツベン!」製作委員会

スポンサーリンク

2019年12月13日公開の映画『カツベン!』について、あらすじと見どころをご紹介しています。

周防正行監督の5年ぶりとなる新作は、活動写真と呼ばれた無声映画に欠かせなかった活動弁士の物語。

映画好きには興味深い題材をどんな作品に仕上げているのか楽しみですね。

映画『カツベン!』予告2 2019年12月13日(金)公開!

映画『カツベン!』作品情報

©2019「カツベン!」製作委員会

【製作年・国】

2019年・日本

【監督】

周防正行

【脚本】

片島章三

【音楽】

周防義和

【キャスト】

成田凌、黒島結菜、永瀬正敏、高良健吾、音尾琢真、成河、酒井美紀、シャーロット・ケイト・フォックス、上白石萌音、城田優、草刈民代、山本耕史、池松壮亮、竹中直人、渡辺えり、井上真央、小日向文世、竹野内豊

【主題歌】

奥田民生「カツベン節」

【本編尺】

127分

スポンサーリンク

映画『カツベン!』の作品概要

©2019「カツベン!」製作委員会

『舞妓はレディ』以来5年ぶりとなる周防正行監督の新作『カツベン!』がいよいよ公開です!

周防監督といえば、『Shall we ダンス?』『それでもボクはやってない』など、コメディから社会派ドラマまで幅広いテーマの作品を世に送り出しています。

毎回ユニークな題材が話題となる周防監督の新作は、無声映画に喋りをのせて命を吹き込む活動弁士をテーマにした、人情味あふれるコメディドラマ。

憧れの職業に向かってひた走る熱い青春、そして若者の恋。

さらには泥棒から警察まで登場するドタバタアクションなど、さまざまな要素が詰まった、珠玉のエンターテイメントです!

エンディングテーマは、奥田民生による書き下ろしの楽曲「カツベン節」。

体の力みを取り除いてくれるような、やさしくふわりとした奥田民生の歌声は、一体どんな結末を飾るのでしょうか?

スポンサーリンク

映画『カツベン!』のあらすじ

 

©2019「カツベン!」製作委員会

時はおよそ100年前、まだ映画に音がなく、モノクロだった時代。

映画は「活動写真」と呼ばれ、楽士の音楽に乗せて、活動弁士が映画の語りとすべての配役の台詞を担当していました。

活動弁士はそれぞれの個性を生かした独自の喋りで観客を魅了し、俳優よりも人気を誇るほどでした。

子どものころから活動弁士になることを夢見ていた青年・染谷俊太郎(成田凌)は、小さな町の映画館・靑木館に流れ着きます。

ニセの活動弁士として悪事の片棒を担ぐことに嫌気がさしていた俊太郎は、ここでなら本物の活動弁士になれると胸を躍らせます。

しかし、靑木館の人々は、館主の青木夫妻(竹中直人・渡辺えり)を筆頭に、活動弁士たちも酒飲みの山岡秋聲(永瀬正敏)、自意識過剰な色男の茂木貴之(高良健吾)などクセの強い人ばかり。

近くの新しい映画館・タチバナ館に客を取られ、人材までも引き抜かれ、靑木館は客もまばらで閑古鳥が鳴いている状態でした。

日々雑用ばかりを押し付けられる俊太郎のもとに、女優を夢見ていた初恋相手の栗原梅子(黒島結菜)が現れます。

再会を喜ぶ俊太郎でしたが、そこに大金を狙う大泥棒・安田虎夫(音尾琢真)、ニセの活動弁士を追う刑事・木村忠義(竹野内豊)らが現れ、俊太郎は騒動に巻き込まれていくのですが・・・。

スポンサーリンク

映画『カツベン!』の見どころポイント

©2019「カツベン!」製作委員会

周防正行監督の待望の新作『カツベン!』。

主演の俊太郎とヒロインの梅子は、それぞれ100名のオーディションの中から選ばれたそうです。

一流の活動弁士を夢見る青年・俊太郎を演じるのは、意外にも本作が映画初主演となる成田凌。

ファッション誌のモデル出身の成田凌は、すっかり若手実力派俳優の仲間入りを果たしていますね。

ここ数年、『愛がなんだ』、『スマホを落としただけなのに』、『ここは退屈迎えに来て』など、ヒット作への出演を重ねているので、てっきり主演をつとめている印象でした。

成田凌は、一つの作品の中で、眩しいほどのイケメンから落ちぶれた情けない男性まで、雰囲気をがらりと変えることができる俳優です。

とある作品では狂気に満ちた怪演が話題となり、ファンの間ではこれぞ新境地開拓!と高い評価を得ています。

©2019「カツベン!」製作委員会

この作品で活動弁士を演じるにあたり、成田凌をはじめ、高良健吾、永瀬正敏らは、現役の活動弁士のもとで3ヵ月もの練習に励んだといいます。

俳優たちは演技のプロですし、ナレーションなどの仕事をしている人も多いので、映画に喋りを乗せる…というのも難なくこなせそうな気もしますが、やはり活動弁士というのは日本の伝統文化の一つということもあってかなり独特のもの。

活動弁士の喋りを習得するのは相当大変だったようですが、非常に楽しく、そして貴重な経験だったと語っています。

東京国際映画祭での舞台挨拶で成田凌は、

「劇中の最後の“カツベン”は、教わっていない」

と明かしています。

共演者からも、件のシーンは凄かった!と賞賛の声が挙がっていました。

雑用ばかり押し付けられている俊太郎の最後の“カツベン”。注目せずにはいられません!

©2019「カツベン!」製作委員会

そして、その容姿と喋りで女性客を虜にする自意識過剰の活動弁士・茂木を演じた高良健吾は、近頃は幅広い役どころで活躍しており、本作でも期待が高まりますね。

また、ヒロインの梅子を演じた黒島結菜は、駆け出しの女優という役どころ。フレッシュさと可憐な印象が、梅子の雰囲気にぴったりだったそうです。

劇中では俊太郎と再会して喜ぶのも束の間、ライバル劇場からの罠に利用され、大騒動に巻き込まれてしまいます。

活動弁士を目指す熱い青春と恋、大泥棒に警察まで登場するドタバタの人情喜劇とその結末が、とっても気になるところです!

本作は、活動弁士の面々やヒロインの梅子をはじめ、脇を固める個性的な俳優陣も大きな見どころの一つ。

コメディ路線にアクセルを踏んだ竹中直人と渡辺えり、この2人だけでも、作品が賑やかになることは想像に難くありません!

©2019「カツベン!」製作委員会

さらに、劇中で上映される無声映画も周防監督の撮り下ろし作品というこだわり様。

NHKの朝ドラで一躍人気者となったシャーロット・ケイト・フォックスや、上白石萌音、城田優といったバラエティに富んだ俳優陣が出演しているほか、周防監督の奥様・草刈民代も登場します。

無声映画なりの魅力を細かなところまでじっくりと味わってみるのも良いでしょう。

『カツベン!』は、ドタバタのエンターテインメントではありますが、映画が好きで活動弁士になりたい!という熱い思いを持つ俊太郎の青春映画でもあります。

映画好きの方なら、どこか琴線に触れるものがあるはず。

『カツベン!』を観て、100年前の日本の映画文化に思いを馳せてみるのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました