映画『屍人荘の殺人』ストーリーあらすじ!見どころや感想もチェック!

©2019「屍人荘の殺人」製作委員会

スポンサーリンク

2019年12月13日公開の映画『屍人荘の殺人』について、あらすじや見どころをご紹介しています。

2018年度「このミステリーがすごい」、第18回本格ミステリ大賞など、国内ミステリーランキング4冠を達成した今村昌弘の原作小説を、ヒットメーカーの木村ひさし監督が個性豊かなキャストで巧みに演出します。

映画『屍人荘の殺人』予告【12月13日(金)公開】

映画『屍人荘の殺人』作品情報

©2019「屍人荘の殺人」製作委員会

【原作】

今村昌弘「屍人荘の殺人」

【製作年・国】

2019年・日本

【監督】

木村ひさし

【キャスト】

神木隆之介、浜辺美波、中村倫也、ふせえり、福本莉子、葉山奨之、矢本悠馬、大関れいか、山田杏奈、佐久間由衣、柄本時生、古川雄輝、池田鉄洋、塚地武雅

【本編尺】

119分

スポンサーリンク

映画『屍人荘の殺人』の作品概要

©2019「屍人荘の殺人」製作委員会

デビュー作でありながら、「このミステリーがすごい!2018年版」で1位を獲得するなど、国内のミステリーランキング4冠を達成した、今村昌弘の大ヒット小説「屍人荘の殺人」。

次々と巻き起こる予測不能の事件と斬新なトリックで、読者を魅了しました。

そんな話題のミステリー小説を、TVドラマ『TRICK』シリーズ、『99.9 -刑事専門弁護士-』などを手掛けたヒットメーカーの木村ひさし監督が実写映画化。

神木隆之介、浜辺美波、中村倫也といった今をときめく豪華キャストが集結し、極上のミステリー・エンタテイメントが誕生しました。

主題歌を担当したのは、大人気テクノユニット・perfume。中田ヤスタカ書き下ろしの楽曲が、物語の驚きの結末を華やかに彩ります。

スポンサーリンク

映画『屍人荘の殺人』のあらすじ

©2019「屍人荘の殺人」製作委員会

ミステリー小説を読むのが趣味の葉村譲(神木隆之介)は、ミステリーオタクであるものの推理がまったく当たらない、万年助手の“ワトソン”です。

大学では自称“ホームズ”の明智恭介(中村倫也)とともに、ミステリー同好会に所属しています。

明智は事件を見つけるとすぐに首を突っ込み、ある意味厄介ごとを持ち込んでしまうタイプで、葉村はそんな明智に振り回される日々を送っています。

ある日、2人は自称探偵の謎の美少女・剣崎比留子(浜辺美波)から、ロックフェス研究会の合宿に参加しないかと誘われます。

実は、ロックフェス研究会宛てに謎の脅迫状が届いていました。

さらに去年の合宿で行方不明になった女子部員がいるというのです。

©2019「屍人荘の殺人」製作委員会

可愛い剣崎からこんなにおいしいエサを見せられた2人は、いそいそと合宿に参加することに。

そして3人は合宿先である湖畔のペンション「紫湛荘(しじんそう)」に向かいます。

そこにいたのは、クセだらけの宿泊者たちでした。

予想もしなかった事件に巻き込まれ、3人はペンションに閉じ込められる羽目になります。

そして夜明け、一人の死体が発見されました。

宿泊していた15人全員が容疑者となり、3人は前代未聞の密室殺人の謎を解き明かすことになるのですが・・・。

スポンサーリンク

映画『屍人荘の殺人』の見どころポイント

©2019「屍人荘の殺人」製作委員会

国内の主要ミステリーランキング4冠を達成し、2018年の本屋大賞でも3位に選ばれた大ヒットミステリー小説『屍人荘の殺人』が、満を持して実写化されました。

東宝株式会社のプロデューサーが原作を読んで興味を持ったことが、実写化のきっかけになったのだそうです。

原作は、ひときわ斬新な展開と巧妙なトリックが大きな話題に。

従来のように一筋縄ではいかない新感覚のミステリー小説を、『TRICK』を手掛けた木村ひさし監督、蒔田光治脚本がタッグを組み、映像化することとなりました。

本作の見どころの一つは、押しも押されもせぬ豪華キャストたちの集結でしょう。

メインキャストは神木隆之介、浜辺美波、中村倫也という、人気絶頂の若手実力派俳優たち。

主演の神木隆之介は、その高い演技力はもちろん、“実写化の神”とまで評されるほど。

これまでも『バクマン。』『3月のライオン』などで原作のキャラクターを忠実に表現してきました。

今回演じる葉村譲は、ミステリー好きなのに推理力がまったくないという、どこか情けない役どころ。

周囲のキャラクターがあまりにも個性的でどこか浮世離れしている中で、ちょっぴり現実味を帯びており、作品にリアリティを与えるような存在とも言えそうです。

剣崎比留子を演じる浜辺美波は、シリアスからコメディまで幅広い役を演じ分け、人気急上昇中の若手実力派女優の一人です。

今作では、独特の決めポーズや変顔などの振り切った演技で、ユニークなキャラクターを熱演しています。

©2019「屍人荘の殺人」製作委員会

女性を中心に人気沸騰中のカメレオン俳優・中村倫也は、自称“ホームズ”の明智を演じます。

自意識過剰でちょっぴり“ウザい”役どころをどのように演じるのか注目です。

ほかにも今が旬の若手俳優から、作品にスパイスを加える存在となるベテラン個性派俳優たちが名を連ねます。

また、謎解きの舞台となる洋風のペンション「紫湛荘」の描き方にも注目です。

このペンションは、外観はロケとCGを組み合わせて撮影。

内部は小説通りの特殊かつ巨大なつくりを再現するため、東宝撮影所内でも最も広いところに大規模なセットを組んで撮影を行ったそうです。

出演者たちも

「こんなに広いセットは初めて」

と興奮を隠しきれない様子だったとか。

原作者の今村昌弘氏は、実写作品について

「新解釈の『屍人荘の殺人』」

であり、映画ならではの面白さや雰囲気を楽しんでほしいとコメントを寄せています。

以上、ミステリー好きもエンタメ好きも楽しめること間違いなしの『屍人荘の殺人』のご紹介でした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました